会則

第1章 総則

第1条

本会は"サル類の疾病と病理のための研究会"(The Society of Primate Diseases and Pathology, 略称SPDP)という。


第2章 目的および事業

第2条

本会はサル類の病理学の進歩発展を図ることを目的とする。

第3条

本会は前条の目的を達するために次の諸事行を行う。

  1. 学術集会の開催
  2. ニュースレターの発行
  3. 人材の育成
  4. その他本会の目的達成に必要な事業

第3章 会員

第4条

本会の会員は次の通りとする。

  1. 一般会員
  2. 賛助会員

第5条

一般会員はサル類の疾病および病理に関心を持つ研究者,学生および社会人で研究会の役員会で承認を受けた者とする。会員はインターネットのアドレスが必要である。

第6条

賛助会員は本会の目的に賛同し,その事業を援助するため,賛助金を納入した個人または団体とする。


第4章 役員

第7条

本会に次の役員をおく。

会長 1名
理事 若干名
事務局長 1名
監事(世話人と兼任可能) 1名

第8条

会長は役員会の互選により選出され,本会を代表し,会務を統括する。

第9条

世話人および事務局長は会長が指名する。

第10条

役員の任期は1月1日に始まり3ヵ年とする。

第11条

会長は役員会を組織して会務を執行する。


第5章 会議

第12条

総会は,第4条の一般会員をもって組織する


役員構成

会長: 吉川泰弘(東大農学部)
理事: 宇根有美(麻布大獣医学部)
中村紳一朗(滋賀医大)
平川公昭(新日本科学)
後藤俊二(日本野生動物研究所)〔故人〕
小野文子(予防衛生協会)
鈴木樹理(京大霊長研)
板垣伊織(予防衛生協会)
柳井徳磨(岐阜大農学部)
監査: 三浦智行(京大ウィルス研究所)
顧問: 宮嶌宏彰(新日本科学)
鈴木照雄(ハムリー)
長 文昭〔故人〕
事務局長: 山海 直(霊長類医科学研究センター)


活動内容

  • 年二回の総会(霊長類学会,獣医学会)
  • 年二回のワークショップ
  • 年数回のニュースレター
  • サル類の疾病に関する病理アトラス制作
  • サル類の疾病に関するデータベースの構築とその公開
  • サル類の疾病に関するコンサルタント
  • サル病理学者の育成